研究室の過去のメンバー Former People

スタッフ Staff
ポスドク Postdoctors
photo 藤田昂志 宇宙科学研究所宇宙飛翔工学研究系 学振特別研究員PD
Koji Fujita, JSPS Postdoc, Department of Space Flight Systems, Institute of Space and Astronautical Science
現在は金沢工業大学講師
火星飛行機の設計,飛行試験,空中変形時の運動シミュレーション
Design, Flight Test, and Motion Simulation during Aerial Deformation of Mars Airplane
sato 佐藤允 招聘研究員 Makoto Sato, Researcher
現在は工学院大学准教授
在籍時の研究テーマ:マイクロデバイスを用いた流体制御シミュレーション
photo 田邊遼司 招聘研究員 Ryoji Tanabe, Researcher
現在は南方科技大学 研究助理教授
Currently, Southern University of Science and Technology, China
在籍時の研究テーマ:多目的設計最適化手法の開発
photo 福本浩章
宇宙科学研究所宇宙飛翔工学研究系 研究開発員
多目的設計最適化手法の開発
学生 Students
photo
角田有紀人
2023年9月博士

博士論文題目:
photo
谷口翔太
2023年3月博士

博士論文題目:回転翼が主翼周りの流れ場に及ぼす影響
photo
Srikanth Surendranath
2021年3月博士

博士論文題目:ビルディングキューブメソッドの高精度化
Improvement of Accuracy of Building Cube Method
photo
河合成孝
2021年3月博士

博士論文題目:数値流体力学における不確実性解析に関する研究
photo
下村怜
2021年3月博士

博士論文題目:プラズマアクチュエータを用いたフィードバック流体制御
photo
Yohanes Bimo Dwianto
2021年3月博士

博士論文題目:Development of Constraint Handling Technique for Solving Severly Constrained Engineering Design Optimization Problems
photo
Matthew Imrich
2023年9月修士

修士論文題目:Measuring the Aerodynamic Interaction of Drone Rotors with a Wall
photo
稲塚遥香
2023年3月修士

修士論文題目:DESTINY+に関する多目的最適化
photo
都甲慶
2023年3月修士

修士論文題目:エアロスパイクノズルの形状最適化
photo
森穂高
2023年3月修士

修士論文題目:アーカイブベース多目的進化アルゴリズム
photo
佐藤元紀
2022年3月修士

修士論文題目:火星ヘリ用ブレードの断面形状の空力設計最適化
photo
西田涼馬
2022年3月修士

修士論文題目:BOX翼を用いたマルチコプタの実験評価
photo
福嶋勇揮
2022年3月修士

修士論文題目:火星の縦孔探査火星ヘリコプター実現に向けたローター同士の空力干渉の評価
photo
皆島拓真
2022年3月修士

修士論文題目:火星の縦孔探査火星ヘリコプター実現に向けたローター同士の空力干渉の評価
photo
小笠原大地
2021年3月修士

修士論文題目:火星ヘリコプタ用ローターに関する数値解析
photo
斉藤巧真
2021年3月修士

修士論文題目:多目的設計最適化
photo 石川達将 Ishikawa tatsumasa
2020年3月修士

修士論文題目: 
photo 江光希 Koh Mitsuki
2020年3月修士

修士論文題目:Evaluation of Aerodynamics Performances of Single Rotor and Counter-rotating Rotor with Triangular Airfoil in Low Reynolds Number Conditions
(低レイノルズ数環境下における三角翼シングルロータ・二重反転ロータの空力特性評価)
photo 中神貴裕 Nakagami Takahiro

修士論文題目:Development of a method using deep learning to predict pressure field from velocity field of incompressible flow
(深層学習を用いた非圧縮流体の速度場から圧力場の推定手法の構築)
photo 青木理紗子 Risako Aoki
2019年3月修士

修士論文題目:Conceptual Design and Aerodynamic Study of Rotorcraft for Exploration of Pit Crater and Cave on Mars
(火星の縦孔及び地下空洞探査のための回転翼機の概念設計と空力特性の研究)
photo 田村駿 Shun Tamura
2019年3月修士

修士論文題目:Effects of External Rib Structure on Aerodynamic Performance of Thin Wing in Low Reynolds Number Flow
(低レイノルズ数流れにおいて張り出しリブ構造が薄翼の空力性能に与える影響)
photo 渡邉誉良 Takara Watanabe
2019年3月修士

修士論文題目:Study on High-order Flux Reconstruction Schemes Using Split-form for Practical CFD
(実用CFDに向けた分割型移流項を用いる高次精度流束再構築法に関する研究)
photo 中野宏章 Hiroaki Nakano
2018年3月修士

修士論文題目: (超音速ジェットの音響場の解析)
photo 原田拓弥 Takuya Harada
2018年3月修士

修士論文題目: (無尾翼型火星飛行機の翼型設計)
photo 宮川雄磨 Yuma Miyakawa
2018年3月修士

修士論文題目: (PIVを用いたプラズマアクチュエータの可視化)
lee 李東輝 DongHwi Lee
2017年3月博士(工学)
博士論文題目: A Study on Formation Mechanisms of Surface Pressure Distribution Around a Laminar Separation Bubble (層流剥離泡付近の表面圧力分布形成メカニズムに関する研究)
photo 福本浩章 Hiroaki Fukumoto
2017年3月博士(工学)

博士論文題目:A Study on Effective Control Mechanisms for Dynamic Flowfields around a Pitching Airfoil Using a DBD Plasma Actuator (ピッチング翼周り動的流れ場のDBDプラズマアクチュエータによる効果的な制御メカニズムに関する研究)
photo 小澤雄太 Yuta Ozawa
2017年3月修士

修士論文題目: (超音速ジェットから発生する音響波に関する実験的研究)
photo 加藤大祐 Daisuke Kato
2017年3月修士

修士論文題目: (衝突ジェットから発生する音響波の定量的評価)
photo 草野真吾 Singo Kusano
2017年3月学士

学士論文題目: (プラズマアクチュエータによる流体制御に関する研究)
photo 花井彰充 Akimitsu Hanai
2017年3月学士

学士論文題目: (プラズマアクチュエータ)
taufik Taufik Sulaiman
2016年9月博士(工学)
現在はマレーシア工科大学 機械工学科 AeroLab
Currently, AeroLab, the Fucluty of Mechanical Engineering, Universiti Teknologi Malaysia, Malaysia

博士論文題目: Wind Tunnel Testing Using Multi-Objective Design Exploration and Its Application to DBD Plasma Actuator (多目的設計探査を用いた風洞実験とプラズマアクチュエータへの適用)
photo 阿部圭晃 Yoshiaki Abe
2016年3月博士(工学)
博士論文題目: Mechanism of separated-flow control over an airfoil with synthetic jet devices in low-Reynolds-number regime (低レイノルズ数域におけるシンセティックジェットを用いた翼周り剥離流れ制御のメカニズム)
photo 寺門大毅 Daiki Terakado
2016年3月博士(工学)
現在はJAXA職員

博士論文題目:Sound Source Characteristics in Compressible Turbulent Flows (圧縮性乱流中の音源特性に関する研究)
photo 浅野兼人 Kento Asano
2016年3月修士

修士論文題目:
photo 松原暁良 Akira Matsubara
2016年3月修士

修士論文題目:
photo 森平光一 Kouichi Morihira
2016年3月修士

修士論文題目:
photo 森中一誠 Issey Morinaka
2016年3月修士

修士論文題目:






Page Top